ほめる達人検定
合格した先生が指導します!

 

 

新聞では毎日のように児童虐待やいじめのニュースが取り上げられます。

子どもたちが生きている世界も大人の私たちと同じように様々なことに対する不安があります。

 

クラスメイトや先輩、後輩、先生と呼ばれる人たちとの人間関係、テストの結果や部活など、

子どもたちはたくさん不安を抱えながら生活をしていると思います。

 

勉強ができる子もできない子も同じように様々な不安を抱えながら生きていると私たちは考えています。

思春期の子どもたちが自分の身に起きる様々なことすべてにうまく対処することは不可能です。

 

 

できないことがたくさんあっても何の不思議もありません。

まだまだこれから様々な経験を積み自分の身に起きることへの対処の能力を上げていかなければいけない時期です。

 

うまくできないことも多く不安やいらだちを感じているのが普通なのです。

この不安や苛立ちの状態が反抗期と呼ばれる言葉で表されているのだと私たちは考えているのです。

 

しかし、子供たちはうまく対処できないと自分自身に対していらだちを感じるとともに自信をなくしていきます。

それが勉強に対する取り組みにも影響及ぼしていると私たちは考えています。

 

その子どもたちの心を満たし安定させ自信を回復させていく!

できるかもしれない、やれるかもしれないという気持ちを持ってもらって、

すべてのことに前向きに取り組んでもらえるようになってもらいたい!

明るい気持ちで毎日生活してもらいたい、

そして周りの人にも優しく思いやりのある態度で接することが出来るような人物になってもらいたい。

 

ゆくゆくは、人の心を満たせる人間になってもらいたい。

学力や学習状況の改善は生活の中のごく1部です。

根本的なところから解決を始めることで子どもたちを取り巻く状況そのものを改善してゆきたいと考えています。

 

 

その解決策の第一歩が、ほめて、ほめて、ほめちぎって、子どもたちの心を満たしていくという活動です。

 

私たちはほめる達人検定を導入して、人をほめるというのはどういうことなのか、

ただ、おべんちゃらを言って相手をうまくコントロールしようとするような方法ではなく、

ほめることによって子どもたちに自分の価値を発見してもらい、自信をつけてもらいたいと思っているのです。

 

ほめ達検定によって何をほめればいいのか?どうほめればいいのか?を私たち自身がしっかり勉強して、

不安定な子どもたちの心にしっかりと寄り添っていきたい。

 

 

そして自信を持って明るく楽しく毎日を生きてもらいたい。

学習状況の改善はここから始まっていくと考えています。

ほめる達人検定を導入し、口先で相手におべんちゃらを言うような褒め方ではなく本当に子供たちの心に届くような褒め方を

私たち自身が磨いていくことが子供たちの豊かな実りある将来に必ずつながると考え、

私たちは、ほめる達人検定を実施しています。